トップページ
古本ショッピング
書評
通信販売法に基づく表記
お問合せ
リンク
特選コーナー







・おしゃべりな本棚


著:中村 卓
出版社:文芸社
タイトル:

著者:

貞奴

出版社:
情報センター出版局
書評:





飽食とは欲望を飼い太らせて自滅した欲望それ自身。箍の外れた樽、底の抜けたバケツだ。あらずもがなの概念規定とあやふやな選択肢で、まことに締まりのない世の中となった。だから「<貞奴>は自分にとってのレアリティ」等と、わざわざ自註を施したのだろう。当然ながら戸籍上の事実は不問。詩集一巻だけが俄かに現実味を帯び始める。<貞奴>とは一体、何者? ちなみに「鯖」はバサラのさばかコンサバティブのさばであろう。しらばくれた彼女は、こんな風に私たちの前に登場する。


 「紛れてしまえばどこへでも入っていけるような闇の中を、迪子は歩いていった。/黒い薄手のセーターを着て。ぴったりとした黒いパンツを穿いて。首にはうす緑色のスカーフをまいてひらひらさせた。/公園に着くと、桜はひとつも咲いていなかった。/桜が咲いていないことなど、迪子は最初から知っていた。知っていて、わざと咲いていない夜桜を見物に来たのだった。」              
 

 何と又ややこしい風景であろう。しかしこれ、ずばりネガフィルムでしょうな。クィック・スローの猫踊で処構わず<貞奴語>が火花を散らす。半ば略奪的な命名式、自我の平板化を拒み続け、他者意識を踏み損ねた、生後ほぼ6ヶ月とその10倍の年月、成人後はノイローゼに罹り、ひとり川向こうに置き去りにされた掟破りの天女、今や、おんとし200歳の妄執の鬼婆だ。−夜は夜もすがら自分の影に脅かされてばかり・・・。

 では貞奴さま、ポジフィルムをお目にかけることにしましょう。

 公園の暗闇で、鉢合わせした変態男が叔父の姿で中々実像を結ばない。スカーフは枝に千切られ、その場は恐怖で凍りつく。ピンク色のトラウマの渦巻き。本当は、スカーフだってピンク色なのさ。挑発された中年男は叔父さんなんかじゃない、お父さん。黒一色なんてありえない、妖艶なレオタード姿で刺激的。公園の夜桜はそのとき恐らく満開でしょう。

 どちらにせよ私は私。−これが彼女の心頼みの哲学と言うものであり、自己決定権が何者かと刺し違える現場こそ、彼女にとってのレアリティなのだ。間違わなければ意識はない。間違うがゆえに我あり。それが貞奴だ。彼女は荒々しい人魚のようにぴょんぴょん跳ねる。

  皆さん縮れてますか
  

  サダヤッコです
  

  わたくしは
  

  陰毛が縮れているのは
  

  「衝撃に対する
  

  緩衝材としての能力強化」
  

  若しくは
  

  「匂いをためる」
  

  ためなのではないかと
  

  考えております
  

  では、ご機嫌よう

 

 こんな了見ならばこそ寸分の狂いも許されぬ。絶えず緊張を強いられながら、膝に犬を抱き寄せ、球根の皮を剥く。このワクワク星には休止符と言うものがない。

 貞奴? 彼女の名を聞くとき、ひとは荒天直下にくるくる回転する凧を連想するだろうか? それとも、日没を待ちかねて繁殖する蟇蛙? それとも、夜のピアノ線を震わせてソファーを横切る灰色の金魚? ets.ets.

何という不幸せ、不機嫌かつ不愉快な。

 

 


全目録 海外文学 日本文学 芸術・デザイン 宗教・哲学・科学 思想・社会・歴史 政治・経済・法律 趣味・教養・娯楽 文庫・新書 リフォーム本 特装本・初版本 スポーツ・映画 全集・選集 画集・カタログ 雑誌etc 旅の本 UFO・オカルトetc