トップページ
古本ショッピング
書評
通信販売法に基づく表記
お問合せ
リンク
特選コーナー







・おしゃべりな本棚


著:中村 卓
出版社:文芸社
タイトル:

倚りかからず

著者:

茨木のり子

出版社:
筑摩書房
書評:

 「鰊が空に浮かんだような顔」とはよくいったものだが、「てめえ一体何の花が好きだい?」と絡らまれ、「・・桃の花。」と応えた太宰治に、「だから、駄目だっつーの!」とダブル・パンチを喰らわせたのは腕白・中也だが、この酒場でのエピソードがなんとも可笑しいのは、この二人が不条理に操られたマリオネットのようだからだ。多分、何かの文学賞の詮議でもしていたのだろう。−詩人は女々しい。明治の志は地に落ちて、大正以来、文士と言えば肺病やみと相場が決まっていた。落ちこぼれの勲章談義に花は咲かない。

 だが、昭和の母は強しである。彼女の詩集一冊を携えて、内蒙古に飛んだボランティアの青年を讃えて、「簡潔だが情感のこもったいい手紙を貰った」と喜んでいる。はるかな草原から舞い込ん手紙が、丹念に「詩」で折られた紙飛行機でもあるかのように。戦後を迎えた母子家庭も、この母なら大丈夫。未来は実にさばさばとして明るい。

 激動の時代を生きぬいた母と、汚れを知らぬ世代。しっかり手を取り合って人生に体当たりする。我国が取り戻さなければならないのはそんな気概溢れる家族だ。

 この八冊目の詩集が人生の結句としての「倚りかからず」というのだから、既成事実も信ずるに足る。彼女の「苦しみの日々 哀しみの日々」はこんな風に回想される。

  苦しみに負けて

  哀しみにひしがれて

  とげとげのサボテンと化してしまうのは

  ごめんである

  受けとめるしかない

  折々の小さな棘や 病でさえも

  はしゃぎや 浮かれのなかには

  自己省察の要素は皆無なのだから


 

 


全目録 海外文学 日本文学 芸術・デザイン 宗教・哲学・科学 思想・社会・歴史 政治・経済・法律 趣味・教養・娯楽 文庫・新書 リフォーム本 特装本・初版本 スポーツ・映画 全集・選集 画集・カタログ 雑誌etc 旅の本 UFO・オカルトetc